消費者金融の規約で取り決められている「収入証明書の提出が必要な金額」とは、どんなことがあっても提出が必要な金額であって、それ以下の金額だったとしても、過去の借り入れ状況によっては提出を求められることがあります。「負担の少ない返済計画でキャッシングしたい」という人は、低金利に設定されているフリーローンの利用を検討することをおすすめします。同じ額を貸してもらったとしても、返済の合計額が大幅に違ってくるはずです。消費者金融をランキング一覧にして掲示しているWEBサイトは諸々見受けられますが、個人個人が何を要しているのかにより、目にするべきサイトは違うはずですので、その部分をはっきりさせるべきでしょう。消費者金融の申し込みで、収入証明書として用いられる事が多いのが、会社から交付される給与明細です。どうしてもこれを用意することができないのであれば、証明書といった書類提示が必要ない銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。カードローンの審査というものは、申し込みをするときに記載する情報をもとに、お客さんの信用度を計るためにに実施されます。